初期投資は必要

消費税は10%になる予定なのに、自分の給料は上がる予定がない…、毎月支出は増えているので不安を感じる…、そんな方にお勧めなのが、趣味などを副業にすることです。趣味だからこそ打ち込めることもあるでしょうし、さらに趣味でお金が稼げればいうことはないですよね。そこで考えたいのが、初期投資についてです。ここは、副業に対して初期投資は必要かどうか、ということについて考えてみましょう。

 

<初期投資が必要なもの、不要なもの>

たとえば、自分の書く文章にある程度自身がある、作文が好きだ、毎日文章を書くのが苦にならない…、そんな方であれば、ライターといった副業の道が開けるでしょう。この「ライター」を副業として目指す際に、まず「ライター養成講座に通ってから…」と考えてしまった方。これは初期投資として計上できるかと思いますが、ライティングスキルに自信があるから、ライターを目指したのですよね?それであれば、まずは養成講座を考える前に、求人に応募し、トライアル試験を受けてみることがおすすめです。案外養成講座などに通わずともできるライター求人というのは、あるものなのです。ライターとして働く際に、まずは登録して、養成講座を受講してから仕事紹介を…といったものもあったりしますが、詐欺まがいのものもあるので、気を付けたいですね。

 

もしくは、「コンピューター関連の副業をしたい」という方は、そのためのプログラマーになりたいという方で、ある程度の知識はあるけれど仕事をするまでの知識がない、という方であれば、初期投資としてスクールに通ってみるのはありだと思います。というのも、プログラマーという職業であれば、初期投資をしたとしてもしっかり元が取れるくらい働くことも可能と考えるからです。

 

初期投資のほうが、実際の仕事よりお金がかかる場合は、ビジネスとは呼べませんよね。初期投資の分をすぐ取り戻せるのかどうか、そこを見極めることで、初期投資を必要とするもの、そうでないものを判断することができます。

 

ちゃんと稼げるのかどうか、それを初期投資する前に確実に調べておきたいですね。

 

専業主婦がお金を借りることってできる?